わき汗が止まるボトックス注射

注射器

わきがや汗に悩んでいるというときに効果があるのがボトックス注射です。ボトックス注射とはボツリヌス菌の毒から抽出したボツリヌストキシンという成分を注入して、筋肉の収縮を命じる神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑える作用があります。

アセチルコリンは発汗する時の伝達物質であるため、その分泌をブロックすることによってわき汗や顔汗などが止まる作用を得ることができます。汗の分泌が少なくなることでニオイの改善することにも繋がります。
このため、手や足の裏などの多汗症にも利用されています。この治療方法のメリットとしては、切開しないため傷跡が残ることなく、治療時間も注射のため短いということで、効果も2〜3日程度で実感するといわれています。 しかし、ボツリヌス菌は時間が経つと身体の中に吸収・排出されてしまうため効果が継続するわけではなく、6ヶ月程度で効果がなくなります。

また、保険適用外のため費用も高くなってしまうというデメリットがあります。ボトックス注射を受ける場合には、適切な濃度と量によって効果を発揮します。適切な処置がされなければ副作用や効果がないというケースもあるため、病院を選ぶときには慎重に選ぶことが必要です。